2010年05月06日

参院選 与党、厳しい過半数 民主、候補者100人超に(産経新聞)

 今夏の第22回参院選について、産経新聞社とFNN(フジニュースネットワーク)の合同世論調査に、総支局の取材を加味したところ、現時点では、民主党が目標とする単独過半数も、与党3党の過半数獲得も厳しい情勢にあることが3日わかった。民主党は、参院選に比例代表が導入されて以降初の「1党で100人超」の候補者を擁立するが、鳩山政権への支持が失われた影響は大きそうだ。

 参院選は、政権交代後初めての大型国政選挙で、民主党政権への審判。選挙区、比例代表計321人が立候補を予定している。

 民主党が単独過半数を得るには、大勝した平成19年参院選と同じ60議席が必要だが、20%台に落ち込んだ現在の内閣支持率では難しい。社民党、国民新党との連立与党3党なら55議席、非改選の与党系無所属2人を入れると与党53議席で過半数となるが、改選数1の「1人区」で大敗する可能性も出てきた。4月24、25日の世論調査では比例代表での投票先を尋ねたところ、民主党21・2%、自民党17・8%と、両党にほとんど差がなくなっている。

 選挙戦では、昨年の衆院選で民主党が掲げたマニフェスト(政権公約)の実行度や、米軍普天間飛行場移設問題に加えて、鳩山由紀夫首相や小沢一郎民主党幹事長の「政治とカネ」問題が大きな比重を占めそうだ。ただ、参院選前に首相や小沢氏の進退問題に発展した場合には、情勢は大きく変わる可能性がある。

 与党過半数阻止を狙う自民党は、野党系で69議席が必要。離党者が相次ぐ現状では自民単独では難しいが、鍵は、政党支持率急上昇中のみんなの党や新党改革、たちあがれ日本など「第三極」の動向だ。新党改革の舛添要一代表は新党で比例代表の統一名簿を作るプランを打ち出しており、支持が集まれば、ブームとなる可能性もある。

 日程は、通常国会の会期延長がなければ6月24日公示、7月11日投票が有力。

【関連記事】
政権下り坂の参院選は「鬼門」 自民党政権下では首相辞任の事態に
小沢氏、起訴逃れで“首相の座”ゲットか?
参院選にも役立つ!カール・ローブ流「勝つための選挙戦略」
自民マニフェスト題名は「実現できるマニフェスト。」 中身ないと不満も
説得役の顔が怖すぎた?“美人すぎる”市議、出馬断念のウラ
「高額療養費制度」は、もっと使いやすくなる?

皇后さまが「山つけ」 春の恒例養蚕作業(産経新聞)
<結婚>スピードスケート「銀」の長島選手 09年春に(毎日新聞)
阿久根市懲戒免取り消し判決に異議、署名活動(読売新聞)
空席目立つ橋下劇場、知事「飽きられたのかも…」(産経新聞)
<商船三井>20億円申告漏れ 9億円追徴(毎日新聞)
posted by フクシ タケシ at 09:55| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月20日

舛添氏、橋下・東国原知事との連携に積極姿勢(読売新聞)

 自民党の舛添要一・前厚生労働相が、橋下徹大阪府知事や東国原英夫宮崎県知事らとの連携に積極的な姿勢を見せている。

 新党結成や政界再編を視野に入れた人脈づくり、支持基盤拡大の一環とみられるが、自民党内に摩擦を生み、自らの孤立化も招いている。

 舛添氏は14日夜、静岡市で講演し、「地方を変えることが国の形を変えることになる」と訴えた。これに先立ち、国会内で記者団に、「政治家は政策提言が仕事だ。橋下、東国原氏とは政策で連携する」と語った。

 舛添氏は15日、東国原氏と東京都内で会談する。東国原氏は14日、舛添氏について、「国のトップに立つ資質を備えた方だ。髪の毛(が薄い)という共通の話題、悩みもある」と親密さをアピールした。

 舛添氏は最近、インターネット上で、大阪府が税率や規制を自由に決定できる「大阪独立国構想」を発表した。発表前には、橋下氏と意見交換を重ねた。

 橋下氏は14日、大阪府庁で記者団に、「大阪全体を特区にすることには大賛成だ。実現できる流れになるなら、のっかっていく」と語り、舛添氏との連携に前向きな姿勢を示した。

 ただ、舛添氏は自民党を批判すると同時に、「あらゆる可能性はすべてオープン」と繰り返すばかりで、最終的な目標をどこに置いているかは定かではない。自民党内では、「総裁になる形で執行部一新が実現しなければ、新党を結成する構えだろう。大阪構想は、人気のある橋下氏を抱え込む『誘い水』だ」という見方が出ている。

 舛添氏は2月、菅義偉・元総務相らと勉強会「経済戦略研究会」を発足させたが、派閥には属しておらず、党内基盤の弱さが指摘されている。党の批判を繰り返す間に距離を置く議員も増えており、ある中堅議員は「1人で跳びはねて、離党する雰囲気が強まっている。ついていく議員はほとんどいないだろう」と語った。

 橋下氏も14日、舛添氏と新党を結成する可能性については、「国政に対し、僕がどうこうするということではない」と述べ、慎重姿勢を示した。東国原氏も14日、兵庫県西宮市で記者団に、参院選への自らの出馬について、「今年は(知事としての)任期を全うすることを県民の方々と約束している。出馬はないと明言できる」と語った。

<訃報>宍戸隆典さん94歳=元陸将(毎日新聞)
「缶詰料理」ひと工夫で“料亭の味”(産経新聞)
新設顧問に権限移管=元常務理事、現金受領継続目的か−家具厚生年金基金汚職(時事通信)
<村本さん死亡>遠距離から銃撃 威力大きい実弾(毎日新聞)
協会けんぽ「早期成立を」、健保連「負担増耐えられぬ」−衆院厚労委(医療介護CBニュース)
posted by フクシ タケシ at 14:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月14日

野生復帰で初誕生のコウノトリ、不明3か月(読売新聞)

 兵庫県豊岡市百合地の人工巣塔で2007年に孵化(ふか)し、国内の自然環境下で46年ぶりに巣立った雌のコウノトリが、今年1月11日に観察を続ける愛鳥家が同市香住の田んぼで確認したのを最後に、行方がわからなくなっている。

 野生復帰計画での誕生第1号だっただけに、関係者らは安否を気遣い、県立コウノトリの郷(さと)公園も情報を求めている。

 この雌は07年5月20日に孵化が確認され、7月31日に巣立った。国内では1961年以来の巣立ちだったことから、巣塔前に特設された観察場所は大勢の市民らでにぎわった。近くの市立新田小の児童らは「ニッタン」と名付け、巣立ち後も観察記録を付けていた。

 公園の飼育コウノトリの餌の時間になると、舞い戻る放鳥コウノトリが多い中、この雌はほとんど飛来せず、市街地周辺を中心に自活。市外に出ることはなく、行動範囲は限られていた。市街地の電柱で羽を休めることもあり、人が近づいて写真撮影しても逃げることもなく市民に親しまれていた。

 この雌には、位置情報を知らせる電波発信器を装着しておらず、目撃情報だけが頼り。左脚に上から「黒、黒、青」の順で、右脚は上から「黒」と個体番号「J0003」と書かれた識別用の脚輪が、それぞれ取り付けられている。

 同市百合地、農業北垣和一さん(65)は「あちこち捜しているが見つからず、鹿よけの網などに引っかかっていないか心配。最悪の事態にならなければいいが」と話している。

 情報は同公園(0796・23・5666)へ。

鳩山首相、宇宙滞在の山崎さんに期待感(産経新聞)
医師会に配達の鉢植え出火、自然発火の可能性(読売新聞)
鳩山首相、内閣支持率低迷も「改革の方向、絶対間違っていない」(産経新聞)
<自民党>田野瀬総務会長が与謝野元財務相を批判(毎日新聞)
iPS細胞から高効率で肝細胞作成 阪大など(産経新聞)
posted by フクシ タケシ at 13:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。