2010年04月12日

外相と米大使が会談=普天間めぐり意見交換(時事通信)

 岡田克也外相は9日夕、外務省でルース駐日米大使と会談した。懸案の米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題で意見交換したとみられる。日本側は、現行計画に代わる移設案を提示しているが、米側には移設先の自治体の理解が得られるのか、懸念が強い。ルース大使は、こうした米側の立場を伝えたもようだ。 

【関連ニュース】
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
政界再編含み 政局は五月「最大のヤマ場」へ
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

<使い捨てライター>業界団体がCRの義務づけを支持(毎日新聞)
黄氏訪日、効果疑問…日程非公開、拉致新情報なし(産経新聞)
高速道路上限制導入後、フェリー運賃は倍額 大阪フェリー協会試算(産経新聞)
「孤独死」身近に感じる高齢者は4割超―内閣府調査(医療介護CBニュース)
<原子力白書>核不拡散など課題 初の「ですます調」記述も(毎日新聞)
posted by フクシ タケシ at 22:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。